ぜろべーすの日記

ガジェットやユーチューバー、DIY、カメラを記録する

無料ダイナミックDNS(自宅サーバーで稼ぐ)

f:id:ZB_Thinking:20191125114048j:plain

専門ブログ

自宅サーバーを立てて、Wordpress特化型専門サイトを立てて(はてなブログでもA8.netでもそんな推奨記載があった)、googleアドセンスを通して、自動で...が最終目標です。レンタルサーバーを借りればいいのにって突っ込まれると思いますが、自宅に遊んでいるパソコンがあるし、光ネットで通信は確保されているし、何と言っても「ただ」。パソコンの電気代がちょっとかかるけど、そのパソコンで、ビットコイン堀りもやってみようと思っているので、常時電源ON状態にしてやってみます。火災のリスクとかは比較的新しい余裕のあるディスクトップパソコンを使う予定なので自己責任で。問題は専門サイトをまた時間をかけて立ち上げなければならない...

 

グローバルIPアドレス

私が使っているNURO光のルーターZXHN F660TのIPアドレスは、開始してもう5年くらい経つけれど、全然アドレス変わりません。何回か1週間くらいルーターの電源を落としたことがありましたが、それでもです。

ルーターのグローバルIPアドレスは、下のサイトで確認できます。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】

「あなたの利用しているIPアドレス」がグローバルIPアドレスです。

一応ネットで調べるとNURO光のIPアドレスは、月1000円で固定化するサービスもあるので、とりあえず変わってもいいように無料ダイナミックDNSに登録して、ドメイン名を取得します。下にドメイン名らしきものが見えているけど見なかったことにしよう。

 

ローカルIPアドレス

ルーターから各機器に割り振られるIPアドレスは、パソコンならばスタートボタン⇒検索ボックス"cmd"⇒コマンドプロンプトに"ipconfig"と入力するとIPv4アドレスに192.168.1.xとか表示されます。RaspberryPiなどのLinux機器の場合は、コマンドプロンプトに"ifconfig"と入力すれば表示されます。

 

無料ダイナミックDNS

無料ダイナミックDNS比較

リンクに無料ダイナミックDNSに関して調べたサイトがあります。その中から自分が使うのによさそうなダイナミックDNSサービスは

DDNS Now - 無料ダイナミックDNSサービス

今回は、サイトを1つ立ち上げるだけなのでDDNSNowにします。MyDNSは、昔からあるサービスで、ネットにも参考記事が多いですが、使い続けるには定期更新が必要なので、今回はパスします。

 

SSL証明取得

httpsにするため、つまり暗号化され認証されたデータをやりとりするためにSSLが導入されました。SSLには3つの認証レベルがあります。調べました。

  • DV(ドメイン認証)無料あり
  • OV(企業認証)
  • EV(最高レベル)所在地まで確認

DVの無料SSLには、世界の大手企業が、スポンサーになっている、

  • Let'Encrypt(レッツ・エンクリプト)

Let's Encrypt - Free SSL/TLS Certificates

があるので、これを使います。

 

SSLの参考書を紹介します。 

マスタリングTCP/IP SSL/TLS編 出版社:オーム社 発売日:2003/11/01 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マスタリングTCP/IP SSL/TLS編/EricRescorla【合計3000円以上で送料無料】
価格:4950円(税込、送料無料) (2019/12/25時点)

楽天で購入

 

 今回はここまで。ではでは

プライバシーポリシー